Image
Site Loading
IM COATING(IMコーティング)
IM COATING

特殊なガラスコーティング

IMコーティングとは

IMコーティングは最強のコーティングを求めてようやくたどり着いた真のガラスコーティングです。
ガラス皮膜の硬度は9H以上、かつ5年以上の耐久性は 公的機関で証明された唯一の存在です。
従来の他社コーティングとは全く異なる特殊なガラスコーティングです。
Image
表面のOH、COOHの官能基と結合することにより、ボディとガラス皮膜が定着します。
化学的結合 無機表面
Image
表面に相溶層を形成して結合することによりガラス皮膜がボディに定着します。
化学的結合 有機表面
Image
ガラスコーティング剤の成分 であるSiO2が、車の塗装やクリア層の微細な凹凸や隙間に ガラス成分が入り込んで硬化します。
機械的結合 アンカー効果

ガラス皮膜の密着メカニズム

コーティングの対象について

Image
  • 車、バイク、船
  • 革製品(鞄、靴、財布など)
  • 家具
  • 水回り(風呂、キッチンなど)
  • アクセサリー
  • 外看板
  • 墓石
  • その他多数
上記以外にもありとあらゆるもののコーティングに対応することができます。

IMコーティングの品質について

Image

コーティング剤の試験結果

コーティング皮膜が5年以上保持することを証明した試験です。IMコーティングはこれまでにない耐久力で皮膜を維持します。

Image

防水性試験(撥水度)

シャワーを当ててどの程度はっ水するか、また湿潤するかを確認する試験。

  • 1級:表面全体に湿潤を示すもの。
  • 2級:表面の半分に湿潤を示し、小さな個々の湿潤が布を浸透する状態を示すもの。
  • 3級:表面に小さな個々の水滴状の湿潤を示すもの。
  • 4級:表面に湿潤しないが、小さな水滴の付着を示すもの。
  • 5級:表面に湿潤及び水滴の付着がないもの。
コーティングすることで雨にも強い革に!

コーティング剤の種類について

IMコーティングには2種類のコーティング剤があります。 使い分けについては下記のようなかたちが望ましいです。

撥水性

防水性を高め水を弾きたいもの

  • 革製品
  • 風呂など水回り
  • など

親水性

水や風で汚れを落としやすくしたいもの

  • 窓ガラス
  • 墓石
  • など

競合他社製品の検証・比較

他社製品との比較
Image
GT-C

◎IR試験結果より

  • ガラス成分のピーク部分(1)が有機由来のピーク(2)に割合として少ない。=有機成分が多く含まれている。
  • ②の方が鋭いピークである=主成分
  • 主骨格となっているゆえに鋭く発現する可能性大。

◎所見

  • サンプル作成時、何日経っても溶剤+油分が残り、さらにコーティング部分はムラになる。 結晶化実験の結晶もシャーベット状で、非常に施工が難しい印象。
Image
HYPER ピカピカレイン

◎IR試験結果より

  • GT-Cと似た傾向であった。ガラス成分のピーク部分(1)が有機由来のピーク(2)に割合として少ない。=有機成分が多く含まれている。
  • ②の方が鋭いピークである=主成分
  • 主骨格となっているゆえに鋭く発現する可能性大。
  • 緑で囲った部分に関しては後述します。

◎所見

  • サンプル作成時、何日経っても溶剤+油分が残った。結晶化実験の結晶も溶剤+油分が閉じ込められている印象。
他社製品との比較②
Image
SUPER ピカピカレイン
Image
ピカピカレイン PREMIUM

■SUPER ピカピカレイン/ピカピカレイン PREMIUMについて

◎IR試験結果より

  • コーティング成分由来のピーク(1)がしっかりと主として発現している。
  • 有機由来と思われるピーク(2)が確認される。ピークが肩となっているため、主骨格に有機鎖が組み込まれていると予想する。
  • SUPER ピカピカレインとピカピカレイン PREMIUMは成分的に同じであると判断できる。
  • 緑で囲った部分に関しては後述します。

◎所見

  • 特に無し。
他社製品との比較③
Image
グレア 撥水
Image
グレア 親水

■グレア 撥水/親水 について

◎IR試験結果より

  • GT-C、HYPER ピカピカレインと似た傾向であった。ガラス成分のピーク部分(1)が゙有機由来のピーク(2)に割合として少ない。=有機成分が多く含まれている。
  • 2の方が鋭いピークである=主成分
  • 主骨格となっているゆえに鋭く発現する可能性大。

◎所見

  • サンプル作成時、何日経っても溶剤+油分が残った。
  • 結晶化実験の結晶が極端に少ない=溶剤分が多く含まれている。・形成した結晶が柔らかい。
他社製品との比較④
Image
  • IMコーティングは純粋かつ緻密な無機ガラスを形成するため、透明な結晶を形成する。
  • その他実験した他社コーティングの結晶は白く濁る、強い⻩色や粉末状の沈殿ができる⇒色の変化から、有機物が多く含まれていることがわかる。
  • 同量の溶液で観察しているにも関わらず形成される結晶の量が少ない⇒形成される結晶の量の違いからガラス皮膜になる成分の含有量が少ないことがわかる。

IMコーティング -その他の試験結果-

Image

水滴試験

水滴を垂らしでどの程度吸い込むか、また湿潤するかを確認する試験。

【コーティングなし】ほとんどの水を吸い込み、吸い込んだ部分が濃色を示した。

【コーティングあり】表面上に水滴が残り、ほとんど湿潤を示さなかった。

コーティングすることで水が浸み込みません!!
Image

通気性試験

一定の空気量(風)を通し、どの程度通気するのかを確認する試験。
コーティンなし:通気量(cm3/cm2・sec) 18.8
コーティングあり:通気量(cm3/cm2・sec) 21.8
コーティングしても通気を妨げません!!!
Image

透湿度試験

【コーティングなし】
透湿度(g/m2・h) 236
【コーティングあり】
透湿度(g/m2・h) 216
コーティングしても透湿を妨げません!!!!
Image

染色堅牢度(耐光)試験

光の照射による生地の変色・退色の程度を確認する試験。
※キセノンアーク灯光試験で実施。

紫外線により革が変色します

コーティングあり:4級以上

コーティングすることで色褪せを防ぎます
Image

テーバー式摩耗試験

サンプルを研磨し、どれだけ摩耗したのかを重量の減少で確認する試験。
コーティングすることで摩耗に強くなります

コーティング剤の塗り方について

Image 01

適量をスポンジに数滴垂らします。専用のスポンジは特にありませんので市販のスポンジで問題ございません。

Image 02

全体にコーティング剤を塗布していきます。伸ばしていきながら薄く塗っていくイメージで構いません。

Image 03

塗り残しがないようにしっかりと全面にコーティング剤を伸ばしていきます。塗布後、数分でコーティング剤は乾いてきます。

どなたでも簡単にコーティング作業ができます!

※車・バイクには特殊な技術が必要となります。
※ガラスの固体化を防ぐために、使用後は冷凍庫もしくは冷蔵庫へ保管をしてください。

販売方法・料金について

Image

販売の流れ(代理店契約の場合)

卸値はお問い合わせください。

Image

販売の流れ(取次店契約の場合)

卸値はお問い合わせください。